トップ

歯科で丁寧な治療のためのルーペ

細かい作業の歯科

セレックシステム

歯科で使われるルーペ

歯科の治療は、小さな歯を対象としているために、とても細かい作業が求められます。しかし、肉眼で見るのには限界があるために、ルーペで拡大して治療を行うケースが増えています。メガネのように装着して治療するタイプや、歯科の診療台についていて、顕微鏡のように覗き込んで使うタイプがあります。特に、歯の神経の治療や、親知らずの抜歯など細かな作業をするときに使いますが、拡大することで、どこまでが虫歯になっているかがはっきりと分かるので、健康は歯を残すのにも役立ちます。初めて見ると、患者さんは驚いてしまうことがありますが、より丁寧な治療のためのルーペです。

治療でルーペを使用する

歯科治療で使うルーペ付きの防護メガネがあります。歯を削った時に水や切削粉が目に入るのを防護するだけでなく、拡大鏡がついているので治療している部分がとても鮮明にみることができます。治療で目視で確認することはとても重要ですが、普通に見るだけでは見えにくいということも多いです。歯石除去などを行っている場合は細かい部分まで確認することができますので、とても便利です。最新の器具や治療法をとりいれている歯科クリニックでは使用しているところも多いです。専用のものになりますので、少し価格は高いですが、とても良いものです。

↑PAGE TOP